特徴

他に類をみない学習法

普遍性のある健全で体系的な学習法

東大の問題って皆さん、解けますか? 全教科個別指導にして、さらに予備校に通って、あらゆる問題を潰した後でないと解けないと思ってませんか? 実は、あれって、教科書に書いてある事をしっかりと理解して、自分の頭できちんと考えたら解けるんですよ。 逆に言えば、そうした勉強をしてない生徒には解けないように作られています。その意味で、東大ってやっぱりすごいんですよ。 つまり、受験生としてしっかりと理解しておかねばならない本物の基本があるということです!
 どうしたら、その基本が身 につくかって? 高校低学年の間に、その前提となる基本をしっかりと理解しておくことです! どうしたらその基本が身につくかって? 中学生の間にその前提となる基本をしっかりと理解しておくことです!

 一般に、中1の内容は簡単に見えますので、たいていの講師は気楽に指導すると思います。 大学生がアルバイト感覚で個別指導講師をする時などはそんな甘い考えでいると思います。 ですが、最終的に東大の問題でも対応できるようにしようと思うと、"This is a pen."ですら指導するのは本当に大変なんです。 その大変なまわりくどい作業をうちでは労力を惜しまずにやっています。

 また、成績不振者に指導する際には、きちんとした理解を求めずに、とりあえず作業ができるように指導するベテラン講師がいます。 そういった講師はたいてい、人気があります。私に言わせれば、副作用の大きすぎる劇薬です。 中学生の内容程度であれば、英語のリーダーなどは日本語訳の暗記だけで何とかなるでしょう。 何とかなるからこそそれで進んでいってしまうんですね。 けれども、やっぱり、後に高校初級の内容がひかえていること、さらには、大学受験が控えている事を考慮すれば、日本語訳の暗記なんて絶対にさせてはいけないことなんです!

 成績不振者であっても、"This is a pen."の段階からきちんとした理解をさせていくことこそが、遠回りのようで近道なんです! その作業を緻密なブロックのように積み上げていき、最終的にできあがる建物が、ゆるぎない基本と、それを自在に使いこなす思考力というものです。

 理解力のある生徒であっても同じ過程を歩みます。 ただ、そのスピードが速く、人によっては建物が完成するまでたどりつけるということだけです。 成績不振者は、その歩みが遅く、建物が完成には至らないというだけです。 全部は積み上げなくても、少なくとも、その子が積み上げたブロックは、はりぼてでも何でもない本物の強固な建前です。

 さらに、私は、一人で、英、数、国(現国、古典)、理(物理、化学)のカリキュラムを作成しました。 上記の方法論は、あらゆる教科にあてはまります。 健全なロジックにもとづいた方法論だから普遍性をもっているのです (ステレオタイプな例で申し訳ないですが、国語の先生が社説を読めとアドバイスされることの普遍性のなさとは対照的です! あるいは、私立高校の先生が緻密で精緻な英文法を生徒に提供して自己満足しているのも普遍性のない学習法です!) この普遍性のある健全で体系的な学習法を、プロ講師と卒業生とが、生徒のノートの1行1行に至るまでチェックしながら指導を進めていくのだから、ほとんどの生徒が成績向上を示すのは当たり前のことなんです。

お電話でのお問い合せ TEL:自立学習型個別指導塾「歩学舎 王寺校」 インターネットでの問い合わせはこちら