生徒さんの声-2018

2019 2018 2017
2016 2015 2014

※ここに掲載してある生徒さんの声は、卒業生のほんの一部です。

2018年

僕がこの塾と出会ったのは、中学三年生の秋でした。
①基礎をしっかり教えてくれる
②個人塾(大手や集団塾に通ったことも通う気もありませんでした)
③王寺にある(なんで塾行くのにワザワザ電車乗らんとあかんねん!という人間でした)
という(ワガママな)要望を全て満たしてくれていたことが理由で通い始めました。

数回授業をして感じたことは「これ、おもろい!!」ということ。意外と基礎がわかっていなかった自分に気付き、
修繕し、組み上げ、学校の勉強に生かしていく。このプロセスが本当に面白かった。ワクワクしながら、毎週通った3年半でした。
では、僕は3年半何をやっていたのか。 「基礎」です。文字通りの「基礎」。
英語は『くもん』『GET!!』『英語構文ステップアップ77 』『基礎英語長文問題精構』『基礎英文問題精構』。 数学は『白チャート』。調べてみると分かりますが、本当に基本的なことが書いてあります。
でも、とっても大事。積み木を思い浮かべてみればわかるのですが、土台が広くしっかりしていると、
高く積み上げられます。逆に土台が細く不安定だと、簡単に倒れてしまいます。
基礎という土台を「広く、強く」する作業をとことんやっていました。
もちろん高3の秋ぐらいからは過去問もやるわけですが、ここで基礎が生きてくる。
英文和訳なら、構文をきちんととって、あとは未知語を死に物狂いで推測する。
和文英訳なら、自分の知っている形に持ち込んでみる。数学なら、ベースとなる考え方を組み合わせて答案を作っていく。
どれも基礎がなってないとできないことです。数ヶ月間悪戦苦闘しながら、なんとか合格までたどり着くことができました。
他にも歩学舎の良いところには、「分かっていない」ということをきっちり指摘する、そして分かるまで考えさせるところがあります。
これって、当たり前のこと。でも、当たり前のことを当たり前にやり続けるのはホントに大変。
根気よく指導をして下さった横井先生に感謝しています。
今、合格して思うことは、歩学舎で学べて本当に良かったということです。
長いようで短い時間でしたが、ありがとうございました!!

私は2年間、歩学舎でお世話になりました。
この2年間で、歩学舎では高校の数学と物理を1から教わりました。
1からやることで、 間違った理解をした部分やあやふやだった部分を洗い出すことができました。
特に物理は苦手意識が強かったのですが、本質を掴むことで解くのが楽しいと思えるようになりました。
横井先生は答えではなくそこに行き着くまでの過程をしっかりと見てくださる先生でした。
1問1問丁寧にチェックしていただいたことで、本番の試験で分からない問題が出たとしても、
ここまでは部分点がもらえるはずだと自信を持って挑むことができ ました。
また、特に受験生の1年は先生に沢山相談にのっていただきました。
先生はいつも親身になって話を聞いてくださり、解決する手がかりを与えてくださいました。

決して楽な道のりではありませんでしたが、横井先生に教えていただいた最短で、
最善の効果が出るやり方を私なりに地道に続けてきたことが現役合格を頂けた1番の理由だと思っています。

本当にありがとうございました。

私は、高3の春に歩学舎に入塾しました。
それまでは、毎日部活だけをして、勉強はまったくしておらず、
学校や模擬試験の成績はひどいものでした。そんな時にチラシで歩学舎を知り、
入塾を決めました。入塾の際に、自分ではまだマシなほうだと思っていた英語を基礎からやりなおすと言われ、
とても驚きました。しかし、すぐに自分がなんとなく英語をわかった気になっていたということに気づき、
基礎を学ぶことが大切だということがわかりました。
私は、家では塾で教えてもらったことの復習くらいしかしていなかったのですが、
入塾してからしばらく後の模擬試験では英語の点数が100点近く上がっており、
着実に力がついていることを実感することができました。
基礎を固めた後は、センター試験、関大特訓のビデオ講座を受講し、
センター試験では8割を超える点数をとることができ、大学にも無事合格することができました。
歩学舎での基礎から学習していなければ合格することはできなかったと思います。

私が歩学舎に入塾したのは、高校2年生になる時でした。
それまでは大手予備校に通っていたのですが、成績(特に英語)は下がり続ける一方で、
学校の授業にもついていけなくなっていました。そこで大手予備校をやめ、基礎から徹底的に教えてくれる歩学舎に入塾することを決めました。

英語、数学、古文を教えてもらいましたが特に力がついたと感じたのは英語です。
1回2時間の授業の中でやることは、与えられた問題を解いて先生に添削してもらうというとてもシンプルなもので、
言い方は悪いですが簡単な問題が多いので、最初はこれで本当に成績が上がるのかと思ったりもしました。
ですが横井先生のアドバイス等のお陰で基本的なことがどれだけ大事か次第に身に染みて感じるようになりました。
結果が出始めたのは高3の夏終わりなので、時間はかかりましたが論理的に考える思考が歩学舎で学習するうちに出来上がっていました。
現役時は残念ながら数学や暗記科目が伸びきらず、市大文学部に不合格になってしまいましたが、浪人してからは更に歩学舎で学習したことが
活かされたような気がします。浪人した時に二次試験に数学がいる大学に志望校を変えたので、数学を重点的に勉強していましたが
予備校の難しいテキストは放置して白チャート等の基本を確認できるような問題集をひたすら解き、
センター試験でも高得点を取ることができました。英語はあまり時間を割かなくても偏差値60後半をキープできました。
あんなに英語が苦手だった私が英語を得意科目にして、英語の点数が重視される神大国際人間科学部に合格できたのは
歩学舎あってこそだと思います。

結果が出るまでに時間はかかりましたが、その代わり歩学舎で学べることは表面的な付け焼き刃の勉強法ではないです。
個人的には、生徒の人数が少ないので先生が生徒一人一人の性格を把握して接してくださったことも有り難かったです。

歩学舎に通っていなければ、国立大学を目指すこともなく、ずっと自分のことを落ちこぼれだと思っていたと思います。
ここで学んだことは、大学の勉強にもきっと活かされると思うので大学でも色んなことを学びたいと思います。

長い間本当にお世話になりました。

模試の直前に公式を覚えて解く。歩学舎に入るまではそれが当たり前でした。
当時いわゆる進学校に通っていたためチャートといえば青か赤、周りが使っている参考書はどれも最難関大学向けの有名参考書ばかり。勉強する気はあっても全く理解できず、授業もついていけない、そんな高3の九月に歩学舎に入塾しました。入塾直前、志望校だけは高いためE判定のみの模試結果を見た横井先生は「いける」と一言。諦めかけていたその言葉に励まされ、それまでは存在すらも知らなかった白チャートなどを使って勉強を開始しました。結果は一目瞭然、それまで赤点を取っていた教科で成績優秀者の張り紙に載ったり、最終的にはセンター試験で6/7科目で9割越えという成績で受験することができました。
最終的にはイギリスの教養課程に進むことになって数年、今に至るのですが、今でも歩学舎で学んだ勉学に対する姿勢というのは大変役に立っております。私のように進学校病に陥ってる人には入塾の是非を問わず、基礎からの見直しをしてみると変わってくると思います。まだまだ全然間に合います!

お電話でのお問い合せ TEL:自立学習型個別指導塾「歩学舎 王寺校」 インターネットでの問い合わせはこちら